ゆうキッズNews
『機動警察パトレイバー』『鉄腕バーディー』『究極超人あ~る』『じゃじゃ馬グルーミン☆UP!』『白暮のクロニクル』『でぃす×こみ』等、ゆうきまさみ作品の情報を集めてます。
『鉄腕バーディー DECODE:02』第7話
#7「We Will Meet Again」
感想とか…(ネタバレあり)
■優しい口調とか表情はバーディーの願望だったのかぁ。ヴァイオリンの無表情な顔が怖いです。でもマリオネットって本来ああいう感じなのかも…。
■ヴァリックとナタルって結構、年離れてる感じですね。
■「野次馬共も大勢…」。野次馬の中に、馬の人が居ると良かったです(笑)
■ナタル来てます。何しに来たんだろう?ヴァリックとダスクが言い争ってた後ってことになりますかね。バーディーの記憶なので、今回、あのシーンはありません。
■四足がうようよ…。劇場版パトレイバー思い出すなぁ(苦笑)。そういえば、2期になって公式サイトにメカ設定載らないですね。第1話のアバンに護送船とか出てきたんですが…。
■おぉ!レビがガッツリ喋ってます。レビの妖艶な声は、やっぱし兵藤さんしかできないよなぁ…。内容はあまり聞き取れませんが…(地団駄)
■聞き取れたレビの声明内容は…

連邦政府の皆様には2年ぶりにお目にかかります。
アクラバルの件は不幸な出来事でした。
しかし、愚かなあなた達は何も学ばなかった。
私の要求を黙殺したばかりか…
思えば、(?)にとって、アクラバルは少し遠すぎたのかもしれない。
…同じことをこのオリオテーラで起こしたら、どうなるだろう?
幸い、今回は私と志を同じくする人々、アルタ人解放戦線イズダルタの協力を得ることができました。
アクラバルよりこの方、ますます激しさを増したアルタ人迫害に屈することなく(?)な体制を(?)すべく(?)ために立ち上がってくれた…私は心よりの感謝と…
私の要求は…
アルタ人への差別政策を停止すること。
アルタ本星を連邦から分離・独立させること。

[ヴァイオリンがバーディー救出に走り出したところ~]
幸い、今回は私と志を同じくする人々、アルタ人解放戦線イズダルタの協力を得ることができました。
アクラバルよりこの方、ますます激しさを増したアルタ人迫害に屈することなく…

…と、こんな感じ。
原作での声明を元に、アニメオリジナルのイズダルタへの言及が加わりましたね。
原作では、もう一つ「アクラバルのエタナ星系統治機構を解散すること」という要求がありました(第12巻 151p)が、入ってませんでした。
ヴァイオリンがバーディー救出に走り出したところからは、重複した台詞です。


■はぅあ~!ヴァイオリンの壊れ方悲惨です…。うぅ…
■原作ではバーディーが獣化した感じになってたんですが、怒りに任せてって感じですね。
■バーディーを運んだのは誰なのか?これを観てもハッキリしないなぁ…。
■ライラ・ロゥ枕欲しいです…。
■次回予告。今までヴァイオリンに話しかける体だったので、ヴァイオリンが居なくなった今…って感じですか?そうだとすると、とても悲しい次回予告です(涙)

■う~ん、バーサーカーの殺戮シーンが欲しかったかなぁ。でないと「バーサーカー殺し」の異名が軽くなっちゃう。
■原作からいろいろ端折られてるし、セントラルタワーテロを1話にまとめるのはちょっと無理があったのかも…。

通常版
完全生産限定版
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.